光回線の工事は壁に穴開けが必須?工事内容や費用について解説!

ご案内事例

光回線は基本的に新規契約の場合、宅内に回線を引き込むための工事が必要ですが、稀に工事の立ち合いが不要になる場合もあります。

 

また、お客さまから「光回線の工事はどういったことをするの?」、「壁に穴開けは必須なの?」といったお問い合わせも多いため、当コラムでは光回線の工事内容や費用など、工事の疑問について解説していきます!

 

光回線の契約を検討している方は、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

 

光回線はなぜ工事が必要?

光回線を契約しインターネットを利用するには、まず自宅に光ファイバーケーブルを引き込む必要があります。

 

光ファイバーケーブルを引き込むための工事は、戸建てと集合住宅でそれぞれ工事内容が少し異なり、お客さまのご利用環境によっては、工事担当者が自宅にお伺いする「派遣工事」と、工事担当者がお伺いしない「無派遣工事」があります。

 

【派遣工事】立ち合いが必要

  • 宅内に光ファイバーケーブルが引き込まれていない物件

【無派遣工事】立ち合いが不要

  • 宅内に光ファイバーケーブルが引き込まれていて、光コンセントも設置済みの物件

 

それでは、派遣工事と無派遣工事の流れについて、それぞれチェックしていきましょう!

 

派遣工事の場合

工事担当者が自宅にお伺いする派遣工事には、【戸建て】と【集合住宅】で工事内容がそれぞれ異なるため、建物別に工事内容について解説していきますね。

 

【戸建て】ファミリータイプの工事内容

光回線の工事の流れ(ファミリータイプ)

  1. 近くの電柱から光ファイバーケーブルを自宅に引き込む
  2. 引き込んだ光ファイバーケーブルを宅内に設置した光コンセントと接続する
  3. ひかり電話なしの場合:回線終端装置(ONU)と接続
    ひかり電話ありの場合:ONU一体型ひかり電話対応HGWと接続

【工事時間:2時間程度】

 

【光ファイバーケーブルを宅内に引き込む方法】

 

戸建ての場合、宅内に光ファイバーケーブルを引き込むには通常、電話用の配管を利用しますが、配管に空きがない場合など、状況によってはエアコンダクトや壁に穴開けをして引き込む場合もあります。

 

壁に穴開けをする場合、穴の大きさは直径1cm程度!

 

「光回線の工事は穴開けが必須?」と思っている方が意外と多いですが、このように必ず穴開けが必須ということではありません。

 

【集合住宅】マンションタイプの工事内容

光回線の工事の流れ(マンションタイプ)

  1. 近くの電柱から光ファイバーケーブルを建物の共有スペースに引き込む
  2. 共有スペースから各部屋に回線を引き込む
  3. ひかり電話なしの場合:回線終端装置(ONU)と接続
    ひかり電話ありの場合:ONU一体型ひかり電話対応HGWと接続

【工事時間:1時間程度】

 

最近はすでに共有スペースまでは光ファイバーケーブルが引き込まれているマンション「フレッツ光対応マンション」などが増えていますが、フレッツ光対応マンションなら共有スペースからの工事となるため、スムーズに工事が終わることも多いです。

 

また、マンションなどの集合住宅は共有スペースから各お部屋に回線を分配するため、建物に入っている設備によって配線方式が異なります。

 

【マンションタイプの配線方式(引き込み方法)】

 

配線方式通信速度
光配線方式
(光ファイバーケーブルを利用する配線方式)
最大1Gbps
VDSL方式
(電話線を利用する配線方式)
最大100Mbps
LAN配線方式
(LANケーブルを利用する配線方式)
最大100Mbps

※配線方式は建物の設備等によって決まるため、ご自身で選択することはできません。

 

ただし、共有スペースに光ファイバーケーブルが引き込まれていない場合(マンション未導入)は、【戸建て】ファミリータイプでの引き込みが必要になります。

 

そのため、管理会社や大家さんに事前に工事の許可が必要となり、料金等もファミリータイプでの契約となります。

 

無派遣工事の場合

光回線は新規契約の場合、基本的に宅内に回線を引き込むための「派遣工事」が必要ですが、以前住んでいた方が光回線を利用していて、光ファイバーケーブルがすでに引き込まれている状態などは、無派遣工事」となり、お申し込み後に案内書類とともに機器が届きます。

 

そのため、無派遣工事の場合は案内書類の手順に沿ってお客さまご自身で接続設定を行っていただくだけ!

 

光と書かれた回線を引き込む差込口「光コンセント」がすでにお部屋にある場合、無派遣工事になる可能性が高いですが、派遣工事か無派遣工事かの判断は、申し込み後にNTTが判断するため、ご自身で選択することはできません。

 

▼光コンセント 参考写真

光コンセント

 

 

ですが、このように新規契約の場合でも、稀に工事不要になることがあります。

 

無派遣工事はNTT系の光回線(光コラボ)の場合のみ

 

また、現在「フレッツ光」やフレッツ光の回線を利用した「光コラボ」を利用中の方が「光コラボ」へ乗り換える場合は、工事不要で乗り換えることが可能です!

 

  • フレッツ光から光コラボへの乗り換え転用

 

【@TCOMヒカリ】フレッツ光からの乗り換え方法「転用」とは?
現在「フレッツ光」を契約中のM様より、auスマホとのセット割引「auスマートバリュー」を適用するために「@T COM(アットティーコム)ヒカリ」(以下 @TCOMヒカリ)へ乗り換えたいとお電話をいただきました。 またM様は「乗...

 

  • 光コラボから光コラボへの乗り換え事業者変更

 

工事不要で乗り換え「事業者変更」するなら@TCOMヒカリがおすすめ◎
現在、ソフトバンク光を利用中のM様より「光回線を乗り換えたい」と乗り換えについてのお電話をいただきましたが、ソフトバンク光はフレッツ光の回線を利用した光コラボレーションのため、ソフトバンク光から@T COM(アットティーコム)ヒカリ(以下 ...

 

光回線の工事費用

ファミリータイプ
(戸建て)
マンションタイプ
(集合住宅)
派遣工事費19,800円(税抜18,000円)~16,500円(税抜15,000円)~
無派遣工事費2,200円(税抜2,000円)~

 

光回線の工事費用は事業者によってさまざまですが、キャンペーンの適用で工事費を無料にすることもできるため、お得に光回線を契約したい方はキャンペーンの有無で比較するのもおすすめです!

 

【光回線の派遣工事費比較】

ファミリータイプ
(戸建て)
マンションタイプ
(集合住宅)
フレッツ光19,800円(税抜18,000円)16,500円(税抜15,000円)
光コラボ
@TCOMヒカリ
19,800円(税抜18,000円)
実質無料
16,500円(税抜15,000円)
実質無料
光コラボ
OCN光
19,800円(税抜18,000円)16,500円(税抜15,000円)
光コラボ
ドコモ光
19,800円(税抜18,000円)16,500円(税抜15,000円)
光コラボ
ソフトバンク光
26,400円(税抜24,000円)
実質無料
(※他社から乗り換えの場合)
光コラボ
BIGLOBE光
19,800円(税抜18,000円)
実質無料
16,500円(税抜15,000円)
実質無料
光コラボ
@nifty光
19,800円(税抜18,000円)16,500円(税抜15,000円)
光コラボ
So-net光プラス
26,400円(税抜24,000円)
実質無料
光コラボ
楽天ひかり
19,800円(税抜18,000円)16,500円(税抜15,000円)
独自の光回線
auひかり
41,250円(税抜37,500円)
実質無料
33,000円(税抜30,000円)
実質無料
独自の光回線
NURO光
44,000円(税抜40,000円)
実質無料
※土日・祝日の工事は上記の工事費に加え、別途追加費用が必要です。

Wi-Fi接続の設定

Wi-Fiを利用する場合、光回線の開通後(工事終了後)ご自身で別途接続設定をする必要があります!

 

Wi-Fi接続には「無線LANルーター(Wi-Fiルーター)」という機器が必要になり、ご自身で購入していただくか、光回線の契約時にレンタルするかの2つの方法がありますが、レンタルだと年間の利用料金で比較した際に割高になってしまう場合もあるため、長期利用を検討している方はWi-Fiルーターを購入するのがおすすめです!
購入の場合Wi-Fi5(11ac)対応ルーターなら、大体5,000円程度
レンタルの場合110円~880円

 

光回線の開通後、ご自身でONUまたはHGWとWi-Fiルーターを接続し、初期設定を行えば、自宅でWi-Fiを利用することが可能になります。

 

設定方法は光回線の申し込み後に、開通の案内と一緒に届く、設定ガイドを基に接続設定を行うだけなので簡単です!

 

光回線を申し込んでから開通までの期間は?

新規契約の場合、光回線の申し込みから開通までは大体1ヵ月程度が目安ですが、引っ越しシーズンなど申し込みが混みあう時期は、やはり工事日が取りにくくなってしまうため、開通までお時間がかかってしまう場合もあります。

 

そのため、自宅でWi-Fiを使うために「光回線を契約したい!」と思った際は、早めに申し込みをしておくのがおすすめです。

 

また、光回線の工事内容や費用は、ここまでご紹介してきたように建物のタイプ等によって異なりますが、お得に光回線を契約したい方は工事費無料キャンペーンだけでなく、月額割引等キャンペーンの充実度で選ぶのもおすすめです!

 

工事費無料の光回線なら「@TCOMヒカリ」がおすすめ

先ほど比較した通り、工事費無料キャンペーンを実施している光回線は多いですが、中にはキャンペーンを適用するのに、オプションサービスの加入が必要であったりと条件があるところもあります。

 

そのため、オプションの加入不要でキャンペーンを適用するなら、@T COM(アットティーコム)ヒカリ」(以下、@TCOMヒカリ)がおすすめです!

 

@TCOMヒカリなら、オプション不要で派遣工事・無派遣工事どちらの場合でもキャンペ―ンの適用で工事費が実質無料になり、新規契約の場合は月額料金の割引キャンペーンも適用されるため、毎月の料金もお得に始めることができます。

 

【@TCOMヒカリのキャンペーン】

  1. 月額料金12ヵ月割引
  2. キャッシュバックキャンペーン

【戸建て】ファミリータイプの月額料金・工事費

月額料金2年バリューパック適用
5,610円(税抜5,100円)
月額基本料金12ヵ月割引適用
4,290円(税抜3,900円)
工事費派遣工事ありの場合一括:19,800円(税抜18,000円)
分割(23回):初回 924円(税抜840円)
2回目以降 858円(税抜780円)×22回
キャンペーンの適用で実質無料!
派遣工事なしの場合一括:2,200円(税抜2,000円)
キャンペーンの適用で実質無料!
キャッシュバック
(回線新規契約)
30,000円
※初回 924円(税抜840円)、2回目以降 858円(税抜780円)×22回割引で19,800円(税抜18,000円)の工事費が実質無料
※初回 118.8円(税抜108円)、2回目以降 94.6円(税抜86円)×22回割引で2,200円(税抜2,000円)の工事費が実質無料

【集合住宅】マンションタイプの月額料金・工事費

月額料金2年バリューパック適用
4,180円(税抜3,800円)
月額基本料金12ヵ月割引適用
3,190円(税抜2,900円)
工事費派遣工事ありの場合一括:16,500円(税抜15,000円)
分割(23回):初回 770円(税抜700円)
2回目以降 715円(税抜650円)×22回
キャンペーンの適用で実質無料!
派遣工事なしの場合一括:2,200円(税抜2,000円)
キャンペーンの適用で実質無料!
キャッシュバック
(回線新規契約)
27,000
※初回 770円(税抜700円)、2回目以降 715円(税抜650円)×22回割引で16,500円(税抜15,000円)の工事費が実質無料
※初回 118.8円(税抜108円)、2回目以降 94.6円(税抜86円)×22回割引で2,200円(税抜2,000円)の工事費が実質無料

 

@TCOMヒカリなら、このようにキャンペーンが充実しているため、お得に光回線を始めたい方には最適です!

 

▼@TCOMヒカリのキャンペーン詳細はこちら

 

@T COMヒカリ(アットティーコム)キャンペーン
@T COM(アットティーコム)ヒカリのお得なキャンペーン情報をご案内。今なら最大19,800円の新規工事費や契約事務手数料がキャンペーンの適用で実質無料になるため、お得に光インターネットを始めたい方はお見逃しなく!

 

まとめ

光回線の工事内容や費用について解説してきましたがいかがでしたか。

 

光回線は基本的に新規契約の場合は、宅内に回線を引き込むための派遣工事が必要になりますが、建物の状況によっては工事不要の無派遣工事になる場合もあります。また、今回ご紹介したように派遣工事が必要な場合でも、@TCOMヒカリなら工事費無料キャンペーンを実施しているため、初期費用をお得にすることが可能!

 

さらに月額割引やキャッシュバックなど、他にもお得なキャンペーンを併用することができるため、光回線の契約を検討している方は、ぜひこの機会に@TCOMヒカリをチェックしてみてくださいね。

 

▼@TCOMヒカリのお申し込みはこちら

 

@T COM(アットティーコム)ヒカリ新規受付サイト
光回線(フレッツ光)とプロバイダ(@T COM(アットティーコム)がセットになった超高速の光インターネット「@T COM(アットティーコム)ヒカリ」なら月額3,190円(税込)~と低価格!さらに今なら初期費用もお得。

 

 

タイトルとURLをコピーしました